2022.1.22

一度トランポリンの広告をクリックしたから、よく上がってくるようになった。やっぱり、ほしいな。40代の自信は体力からだし、必要な気がする。体力と健康。そのためのトランポリン。

辞めたいと思った後、でも転職できるようなスキルもないしとか年だから無理とか思うのやめよう。事実なんだけど、辞めたいこととそれは別だし。でも、まあ辞めて現実問題どうやって生活していくんだって問題はなくなんないんだけどね。宝くじ当たる以外に方法ないかな。次は2月2日からバレンタインジャンボ。3億でも会社辞められるよね。辞められると言って。他は、なんだっけ、全員にお金くれるやつ。名前忘れたけど、コロナ禍で10万円一回しか給付しなかった政府がくれるわけない。あ、ベーシックインカムだ。思い出した。後なんかないかな。最低賃金が上がる。ないな。社会保障が充実する。年金がもらえる。もっとない。死ぬのが怖くなくなる。難しい。怖いままでもいいけどいざというとき実行できる。できるかな。怖くなくなるよりは現実的かもしれないけど、これだと今と変わんないから問題解決しない。問題は解決しないまま時間だけが過ぎて、問題は大きくなるばかり。

親が思っていたよりも早く3回目の接種を受けられそうで安心した。予約は取れるのかな。近所の病院がコロナもインフルエンザの予防接種も全然予約が取れなくて、親の知り合いでそこをかかりつけ医にしている人も取れなくて、評判が悪いらしい。母親が市がくれた検診クーポンで、その近所の病院は受け付けていないから、少し離れた行ったことのない病院に予約して行ったら、インフルエンザの予防接種受けられるって言われて、予約してまた行ってきたと言っていた。父親もそこで受けた。近所の病院で予約取れなかった人も、母親が受けられる病院で予約とって接種したらしい。去年の話ね。

解決を諦める。これが出来たら楽だろうな。問題を問題として認識しなきゃいい。認識しようがしまいが、諦めようが諦めまいが、結局解決しなくて気が付いたときにはどうにもならない事態になるんだから、どっち選んだって結果が一緒なら楽なほうがいい。将来困った時に後悔することにする。それが出来たらどんなに楽だろう。

会ったこともない独身で身寄りのない叔父か伯父か叔母か伯母が亡くなって、遺産が手に入る。昔の海外文学だと、このパターン多いんだけど、私にはこの叔父か伯父か叔母か伯母いないわけ。いればいいのに。でも私の人生は小説でも映画でもないから、誰も現れずにこのまま終わるの。白馬の王子様なんて望まないから、叔父か伯父か叔母か伯母をください。