2023.2.3

週末、大きなイベントあるんだ。3年振りだから混みそう。行こうと思っていた本屋もイベント会場に近いからやめておこうかな。DVD返却に行くから、近所の本屋に寄ればいいんだけど、ガイドブックがあったか定かじゃないんだよね。なんか、あの奥の方にあったような、気がする。見る場所、雑誌と小説のコーナーって決まっているから、それ以外のコーナー分かんない。この本屋は返却ついでに寄れるから寄るだけ寄ってみよう。あればラッキー。ただ、早めに予約するに越したことはないから、なかったら夕方以降に大きな本屋行ってみようかな。やっぱり大きな本屋でガイドブック選びたいという気持ちもある。これは、明日決めよう。

人を羨む暇があったら、やることをやれって、そうだけど、やることないんだよね。やることあったらやってるし。暇がいけないんだよね。だから環境を変えたかったんだけど。暇を何とかできればと思って「暇と退屈の倫理学」を読んだり、ポール・ラファルグの「怠ける権利」読もうとして挫折したり、あと、本屋で見つけた、興味惹かれた本があったんだけど、調べてスクショするのを忘れたので、タイトルも何も思い出せない。今の自分の現状を、諦めさせてくれるか、肯定してもいいかなと思えるような、本を探してしまう。でも、肯定は出来ない気がするから、肯定まではいかなくても、気が軽くなるような、そういうの。自分でできることなんてたかが知れている。だから、他力の出番だよ。

泊まれる本屋を作りたいってクラファンを見つけた。リターンに宿泊に使えるクーポンが付いてくるのもあるから、購入しようかな。いつか行くために。「泊まれる本屋」とか「泊まれる図書館」で検索したら何軒かあるんだね。旅先で本屋行くのも好きだから、色んな本屋行きたい。全国の泊まれる本屋に泊まるのも面白そう。熱海には元映画館で、今はホテルになっている建物もあるし、しかも雰囲気がいいんだよ。いつもはビジネスホテルに泊まるけど、ホテル滞在を目的にするような、特徴あるホテルに泊まるのもいいよね。何回も書いてるけど、貧乏性だからやっぱり旅行に行ったら観光したい。

「セヴェランス」シーズン1見終わった。最後の方は面白かったけど、面白くなるまでが長かった。2は見ないかな。もうすぐ無料期間が終わるけど、AppleTVいまいち楽しみ切れなかった。本を読みたい気分だったし、本に追われていたこともあったけど、一番は情報がなかったことかも。アマプラとかネットフリックスだと結構これがおもしろい、あれがおもしろいって情報見るけど、それがなくて、結構な量からどう選んでいいのかが分からなくて、調べるのもめんどくさいから、あんまり見なかった。「パチンコ」の次シーズンが配信されたら、契約するかどうか考えよう。

「女を書けない文豪たち」読み終わった。日本文学を偏愛するイタリア人の著者。読み込み具合と知識量がすごいし、何より著者の文学に対する愛情を感じる。「真珠夫人」の瑠璃子は当時の新しい女として書かれているけど、行動の選択基準は父のため、家のためという古い考えのままという指摘は、納得。「蒲団」の気持ち悪さは存分に伝わるし、乱歩の「人でなしの恋」の話し相手が実は、の推理は物語が循環してうまく閉じると同時に、乱歩の世界観がよく表れていると思うし、読んでて楽しかった。やはり、文豪って呼ばれるだけのことはあって、みんな文章が上手いね。偉そうに言うけど、本当にそう思う。青空文庫に作品あったら、読んでみようかな。太宰の「刺す」が面白くて、繰り返し読んだ。第1回の芥川賞の候補に太宰の作品が選ばれる。当時の太宰は薬代がかさんで借金があったから、賞金欲しさに賞に選ばれることを渇望していた。しかし、落選。選考委員の1人、川端康成が酷評したため、川端に文句の手紙を書いた。その中に「刺す」って出てくるんだけど、もう何回読んでも笑える。書いていることが超自意識過剰なんだけど、さすが太宰、文章がうまいから笑って読めちゃう。情けないけど、こういう大人のダメな部分さらけだすって、大切じゃない。当時の文豪と呼ばれる男たちって、借金するし、平気で踏み倒すし、女にはだらしないし、で、当時はこれがスキャンダルとなって雑誌や新聞をにぎわすわけ。本には他の文豪たちのやらかしも書いてある。文豪だからって立派なわけじゃないんだよ、大人だからって立派なわけじゃないんだよって、そう思うと、全然立派になれない情けない自分からすると、楽になるし、まだましかもと思える。ので、太宰の手紙って本が図書館で借りられるので、今度借りてみよ。「刺す」は写メとって、辛くなったら見よう。辛くなったら見るフォルダがあるから、そこに保存しておく。芥川賞直木賞を創設したのは、菊池寛。文学は金になると思った彼は、文藝春秋を発行する。すごい商才だよね。だから、芥川賞の全文が文藝春秋に掲載されるんだ、と今更。「真珠夫人」は読んだことないけど、昼ドラで見た。たわしコロッケは衝撃的だった。

「スタンドUPスタート」視聴終了。展開読めるし、やっぱりあんまり好きじゃない。ニーニーごめん。でも、「リバーサルオーケストラ」は展開読めても面白いんだよね。ベタにしか出せないよさがあるというか。何が響くか、自分にも分からないもんだ。

現状を諦めるか、気を軽くするものを求めているなら、読むべきは小説じゃないかもと思ってきた。今読んでる小説を読み終わったら、読もうと思っていたあれやこれやに取り掛かろうかな。といっても、市内の図書館に1冊小説が届いているし、市外の図書館には来週には1冊小説が届きそうなんだよね。もう明日は休みなんだから、仕事のことなんかは考えずに、休もう。今週は風呂が鬼門と思っていたら、案の定というか、風呂で泣いた。久々。寝るときに泣くより、目が腫れないからまだいい。はず。何でも叶うなら5億当てて仕事を辞めるか、過去に戻ってやり直したい。ネガティブケイパビリティって本が気になる。受け入れた方がいいんだよ。同じ状況だった人3人いなくなった後、別の1人を見つけたんだけど、昨年末に部署異動で解決したみたい。いいな。代わりに大変なこともある様子だけど、ただ、自分の力じゃどうにもなんないんだよ。異動だもん。だから他力を待っているわけ。自分が情けなくて、何にもできないし、このままいてもキャリアは望めないし、能力もつかないし、このままなんだなって思うと辛くて、役に立たないから首になっても、役に立たないからどこも雇ってくれなくて、現に転職活動は全滅だったし、もう悪い考えしか浮かばなくて、でもどうやったってよくなる未来がないわけ。あ、仕事ね。プライベートは楽しいのよ。でも、それも仕事があるからで、仕事がないと給料が入ってこないから生活できないわけ。仕事はもう生活のためと割り切って、プライベートを、好きなこととか趣味とかを充実させようとしても、切り離せなくない?まず、せめて休みの日と平日の仕事終わりに、仕事のことで悩まないようにする。でも、悩んでもいいから、休みの日は楽しもう。好きなことは楽しんでやろう。書いたら少し落ち着いた。こういう時に、「刺す」を見て、笑わないと。

ハローワークの求人検索してみたら、4件該当した。でも、面接を受けたくない。志望動機とか転職理由を言いたくない。退職もめんどくさそうだし、新しいところで働く自分を全く想像できない。じゃあなんで今更検索したかというと、働きたいな仕事したいなと思って。このままじゃ嫌だなと思って。全然諦めきれてない。お金はあてにならないから、貯金しないで勉強して知識に変えるって、何勉強すればいいの。今ならプログラミングだよね。挫折した。あとは、泉を深く掘れ、だっけ?房子オーナーの言葉。掘ったところで出てくるのは別のブルシットジョブだったりして。笑えない。どこを掘ればいいの?そんなことも分からない人が仕事任せてもらえるわけがないし、キャリアなんてよく恥ずかしくもなく言えるものだ。でも本当にどこを掘ればいいか分からない。いい言葉だなと思うけど、何をどこを掘ればいいのか分からない。床にひっついてるから、掘りようがないのかも。暢子とか房子オーナーは積み上げてきた経験や実績があるから、床より高いところにいて、そこから下に向かって掘れば、絶対に何か出てくるわけ。積み上げてきた経験や実績があるから。それがないから、床掘っても何も出てこない。出てこないと分かって掘るなら、掘ること自体がブルシットジョブかもしれん。それしかできないのかも。自虐も愚痴も文豪並みにいい文章で書けたら面白いかもしれない。そこを掘る?

2023.2.2

もし首になったら応募しようかなと思っている、いつも求人だしているところがある。内定くれるかは分かんないけど、慰めに選択肢としてあると、自分に言っている。額面18万だから、手取りにしたら13とかかな。本は買えなくなる。映画なんてもってのほか。パンフレットは贅沢品。配信は1つだけ入ろう。旅行は行けてた時代もあったねと懐かしむものになりそう。生活だけでいっぱいいっぱい。でも、ここみなし残業代がなかったんだよ。みなし残業代ってなんだよ。みなし残業代込みで額面18は、さすがになかったような気がする。ただね、2015年くらいに転職活動していた時より、おととしのほうが、みなし残業代込みの求人が増えてた。最初から残業が発生するくらいの業務量があると分かっているなら、もう一人なり二人なり、必要人数を採用すべき。分かっててやってると思うけど、私はこれ以上働きたくないし、こんな給与で経営者視点なんて持つ気はないのでね。文句言いながらも、今の仕事があるからこんなこと言っていられるんだけどね。でも働きたくない。

メンタルが落ちそうになったら、好きなもの食べて寝ろって、よく見るけど、多くの人はこれで切り替えられるものなのかな。私はこれを実行しても、次の日起きたら、平日なら起きた瞬間から、仕事に行きたくないって落ち込んでるんだけど。今朝もそうだったから、しごと、、くらいで「おはよう、よく眠れた?」って自分に聞いてる。気を逸らす。まあ、次の瞬間にはすぐ仕事行きたくないってなるけど。最近は寝つきがいい。年明けから眠れない日はないような気がする。いいこといいこと。ただ、今週はお風呂に入るのに労力がかかる。元々めんどくさいから入るまでに時間がかかるタイプだけど、お風呂は気を逸らすものがないから、ぐるぐるに突入しやすくて、今週はそれが嫌でさらに入るのに、時間がかかる。頭洗いながら、いざとなったら死ねばいいいざとなったら死ねばいいってぶつぶつ言ってる。もう一番寒かったときより暖かいから、いや、寒いけど、もう生きているだけでいいとは思えなくなった。最悪首になっても、正社員も派遣ももう無理だけど、バイトならどこか雇ってもらえると思うんだけど、コンビニとかスーパーとか、清掃とか、たださ、これだと生活できない。今なら実家があるから帰ればいいけど、親が死んだ後なら無理。で、いざとなったら死ねばいいととなえる訳。よくない言葉かもしれないけど、気は楽になる。

人を羨まない。

キングメーカー」面白かった。

あと1日。あと1日が長い。週末は本屋にガイドブック見に行こうかな。今月24日休めそうだから、出来心で韓国の便を検索してみたら、空席ありだし、4月とそれほど金額が変わらない。並びがいいから日本からの観光客多いんじゃないかと思ったんだけど、そうでもないのかな。ただ、2月の韓国寒そうなんだよ。街歩きもしたいから、迷う。昨日は余裕ある風なこと言ってたけど、さすがに3週間後韓国だと、ちょっとびびる。2泊3日で行くと、直行便が昼出て、仁川空港に着くから、ソウルに着くのが17時頃なんだよね。帰りも昼発だから、ほぼ観光できない。朝ご飯食べに行くくらいかな。考えたのが、前乗り。前日仕事終わりに羽田に飛んで、羽田で1泊、全日空の直行便が8時半くらいにあって、金浦空港に着くから、これなら昼には着く。ただ、単純な2泊3日より4万位多くかかる。高いけど、昼に着くか、昼にまで日本にいるかは、大きいよね。時間を金で買うべきか。全日空の直行便が、これ以降の便はいい席しかもう空きがなくて13万とかするの。あまりのんびりもしてられない。ここ3年ほとんど旅行に行っていないから、多少高くてもいいかなという気もするけど、踏ん切りがつかない。

出産で退職した優秀な女性が非正規で、パートで、安い時給で働いているって、それが問題なのは分かるけど、優秀じゃなく僻みっぽい自分は、出産もしていないから、その土俵に乗る資格もないのに、ひっかりを覚えてしまう。やっぱり、優秀じゃないと助けてもらえないんだな。そりゃ、そうだよね、役に立たない優秀じゃない女性に払うお金なんてないもんね。産む気はなかったけど、もし産んでたら今以上に詰んでたかもしれない。本と、最近僻みぽくて嫌だ。優秀な女性に活躍してほしい気持ちもあるし、問題なのも分かってるんだけど、これ、似たようなことこないだも書いた。自分が嫌になる。優秀じゃないし、子どもも生んでないから、考えたって仕方ないのに。これどれだけ考えても、自分嫌になって終わるだけだわ。

まずいまずい。ぐるぐるに襲われる。どうして転職できなかったんだろう。もう環境を変えることができない。働くの75までで済むわけがない。65まで年金払えるだろうか。その前に親の介護を乗り切れるだろうか。旅行のことなんかのんきに考えていられるのも、あと数年だろうな。気が重い。考えたくない。そういえばもうすぐ「PLAN75」がアマプラにくるはず。見よう。75って終わりが見えていれば、逆に生きやすいような気もするけど、どうだろう。まだ先だから、考えが甘いかな。旅行のこと考えてるときは楽しいんだよね。楽しいことだけ考えていたい。

昨日は、ちょっと頑張って本を読んだ。「夕暮れに、手をつなぐ」の塔子の髪型、北川先生じゃん。「半分、青い」の晴さんだ。「探偵ロマンス」は面白いけど、草刈さんも濱田さんもはまり役だとは思うけど、正直もう一回り下の俳優で見たかったという気持ちが、正直、ある。

もう無理。明日仕事行きたくない。行きたくない。割り切ったて辛いのは辛い。行きたくないものは行きたくない。仕事がましだったらよかったのにな。なんでこんな目に合わないといけないんだろう。もう無理。無理でも辞められないから明日も来ないといけない。土日の休みなんてあっという間だし、すぐに月曜日がくる。長い週5を耐えなければならない。なんでこんな目に合わないといけないんだろう。いやだいやだ。5億当たればいいのに。調べようかな。でも当たる訳ないしな。5億あたらないかな。仕事辞めたい。無理。仕事に行きたくない。それも無理。行って耐えて帰ってくる。それを5回繰り返せば休みになる。長い。もう、自分が優秀じゃないって分かっているし、キャリアも転職も諦めたから、助けてほしい。自力じゃ無理だから他力に来てほしい。それか5億当ててほしい。両方ダメなら、死ぬの怖くなくなってほしい。最後のだけは自分でできるかな。「完全自殺マニュアル」読むか。でも、「会社を綴る人」の主人公も読んでて、あれ30年前でしょ、情報古くなってるんじゃないかって書いてて、それは思った。最新版とか出してくれないかな。書いたら少し落ち着いた。文字にしたら文句ばっかり言っててばかみたいって思える。ちょっと笑える。

優秀な女性に嫉妬したけど、優秀な女性本人にしてみたら、勉強して努力して資格があったら資格も取って、同じ仕事している男性が稼いで評価されているの見たら、悔しいだろうなって思った。悔しいよね、男性はどんどん仕事任せてもらったり、経験を積む機会をもらえたりするのに、昇進も昇格もするのに、自分は非正規だったり、パートだったりで一切のチャンスもない、評価されることもない、そもそもその職に就けないかもしれない。いや、反省したわ。自分のことしか考えてなかった自分が恥ずかしい。また同じこと繰り返しそうだけど、その度このこと思い出そう。

2023.2.1

4月のGW前までに旅行に行こうかなと思って、いろいろ調べていたら、韓国行きたいなと思い始めて、調べてみたら直行便はあるみたい。3月は卒業旅行シーズンと重なるから、4月中旬のほうが安そうだな。本当は京都行こうかなとホテル調べたら、結構埋まってるんだよね。桜シーズンだからかな。旅行の計画立てているの楽しい。

まだ水曜日か。後2日。今週末は出かける予定なかったけど、本屋にガイドブック見に行きたくなった。旅行のこと考えてるの楽しい。楽しいことだけ考えていたい。自分の妄想が現実になったらどうしよう。首になったらどうやって生活していこう。貯金が減っていくのを見ながらの生活は、考えただけで耐えられる気がしない。海外に出る人が増えているって、特に女性が増えているって記事を読んだ。海外で仕事があれば、行くよね。私は海外で働きたいと思ったこともないし、今からでも働けるような才能も何もないし、努力をする気もないんだから、僻むだけお門違いもいいところなんだけど、じゃあやめておこう。海外という選択肢はなかったな。まずいな、ぐるぐるがきそう。どうしてこんなことになってるんだろう。宝くじが当たって辞められる妄想をしよう。5億当たったら仕事を辞める。仕事のこととか将来のことで悩むことなく、ただ休みたい。長期で旅行に行こう。マンスリーマンションでも借りて、地元以外で生活をしてみたい。図書館に通おう。図書館の近くに住もう。自転車を買って、近所をぐるぐる回ろう。早く暖かくならないかな。何か習い事をしよう。語学、ジム、もう思い浮かばない。新しい趣味でも見つけようかな。仕事があったから、読書と映画で手一杯で、これ以上趣味を増やすのはやめようと思っていたけど、仕事がないなら、それもいいかもしれない。それにはまず、読書と映画をとことんやってしまおう。で、それに飽きたら、新しい趣味を探そう。体を動かす方がいいかな。運動不足はまずいし、何より体力がないと何事も楽しめない。やっぱ、ジムか。

最近、今年になってからかな、自分でもまずいなと思っているのは、コンプレックス持っていることに対して、それができている人に、いらっとしてしまうこと。仕事忙しいとか、新しい仕事がうまくいかないとかのつぶやきにいらっとするし、職場で仲がいい人たちの笑い声にもいらっとする。まずいとは思っている。いらっとしたあと、すぐやめないとと思う。自分のことが嫌になる。どうしてこうなんだろう。自分のことが本当に嫌だ。今日はもう駄目だ。昨日の占いビリよりだめだ。今日はもう入力2に切り替えているから地上波は映らない。だから占い結果は知らない。ビリよりダメってある?早く休みにならないかな。

こないだ人生相談聞いてたら、シングルマザーで小学生の男の子と実家で暮らす女性が相談していて、実家に戻って1年位経って、最初は受け入れてくれた両親も、特に母親が家事の負担が増えたこともあって息子にきつく当たるようになった。息子のことを思うと実家を出た方がいいと思うけど、フルタイムで働いていて息子を見てくれる人が必要で難しい、と言っていて、回答者が弁護士の男性で、こうしてみたら、ああしてみたらの提案に全部難しいと言って、回答者がちょっと切れ気味で、全部難しいできないと言うけど、どうにかしたいのならどうしたらできるか考えないとって言ってて、その回答者の言ってることはごもっともなんだけど、どうにかしたくてどうにかできることなら悩んでないしな、あと自分が相談者ならこの言われ方腹立つなと思いながら聞いてたら、司会者があなたはどうしたいの?って聞いた。相談者は、子どものためにどうしたらいいのかと言って、そしたら司会者が相談内容はそうなんだけど、話を聞いてたらあなたとお母さんとの関係が問題になってると思うよと言って、おお、確かに。回答者がお母さんが家事が大変だと思っているなら、分担を申し出たらと言ったら、相談者が母が台所にいない時に料理をしたら母が不機嫌になったとか怒られたとか答えていて、自分もそれが気になっていた。そしたら相談者もそうかもしれませんって言って、自分の悩みを人に相談することの難しさがあった人生相談だった。相談者は自分の悩みを、子どもにすり替えてたけど、話すことからは母との関係の大変さが出ていたし、だから、回答者の提案が全く響かない。相談者自身が分かってないから当たり前か。

週末出かける予定あった。DVD返却に行かないといけないんだった。読書が捗らない。読んでても集中力が続かない。ストレスが溜まってきている証拠だ。無理して読まなくてもいいと思えれば楽なんだろうけど、図書館で借りた3冊を読み切らないとだから。3冊とも次の予約が入っているので延長できない。無理して読む。中国文学の「子宮」がそのうちの1冊なんだけど、去年読んだ「繁花」、「柩のない埋葬」もそうなんだけど、読みにくい。中国文学をそんなに読んでないから、たまたま自分にとって読みにくい3冊が続いただけかもしれないけど。この3冊なら、「繁花」が一番読みやすい。まあ、読みにくさと面白さは関係なくて、「柩のない埋葬」は去年の年間ベストに入れている。中国文学の好きなところは、名前が漢字なとこ。「繁花」の感想でも書いたけど、漢字だと覚えやすい。読み方が分からないので、日本語読みしてるけど。韓国文学では感じたことのない読みにくさ。

休みだけが心のよりどころ。週2じゃ少ない。休みたい休みたい。何の心配も、後悔もせず、自分を責めることも、不安に襲われることもなく休みたい。仕事を辞めたい。宝くじが当たれ。やっぱり東京にしようかな。ディオール展見に行きたかったし。海外も行きたいんだけど、小心者で心配性でびびりだから、コロナのこともあるし、おまけに英語もできないし、必要以上に緊張しそうなんだよね。ただね、過去に1人でフランス行っているから、まあなんとかなりそうとも思う。今思えばよく行ったよね。1週間休みが取れたのが最大の理由。休みがあれば、人間やりたいことやるんだよ。主語を大きくしてしまったけど、そうだと思う。フランス行ったときは、緊張よりも楽しみが勝っちゃって、本当に楽しかったな。もうさ、景色眺めているだけも楽しいもんね。旅行に行った当時、参考にしていたサイトがあって、そこに旅の感想たくさん書き込んだんだよね。そのサイトは口コミ情報が充実してて、あと、質問したら詳しい人が答えてくれて、その質問も回答も見れるから、同じような質問あったら参考になる。サイトのタイトル名忘れてまったけど、調べたら出てくるかな。あったー、うわ懐かしい。自分の感想探して読む。懐かしい。思い出だけで後2日乗り切れそうなくらい、蘇ってくる。あー楽しかったな。大げさなこと言ったけど、多分明日になったらまた仕事やだ早く休みになれって言ってるはず。自分の感想読みふけってしまった。地図が読めないので、旅先ではよく道に迷う。フランスでもご多分に漏れずで、感想読んでたら、道に迷った分色んな景色を見れたので、迷ってよかったとすら思うって書いてて、笑った。何余裕こいてんの。迷ってた時は、もう、超心細くて、でも警戒しすぎて人にも聞けなくて、びくびくしながら歩いていたくせに。フランス留学経験のある知り合いに旅行前にいろいろ教えてもらってて、その時に、パリのメトロは1駅の間隔が短くて駅が多いから、道に迷ってもしばらく歩いていたらどこかの駅が見つかる、その駅から乗ってしまえばいいって言われて、それを頼りに歩いたこともある。過去の自分うける。思い出だけでしばらく頑張るわ。フランス留学経験のある知り合いも、その人を紹介してくれた友達とも、疎遠になってしまった。5歳くらい上で、当時は結構遊んでたんだけどな。元気かな。今仲良くしてくれる友達を大事にしよう。

仕事は生活のためと割り切っても辛いもんは辛い。割り切ったなら文句言うなと言うなら、文句も愚痴も言いたいから割り切らない。割り切ってなどやるものか。思い出だけじゃ頑張れないわ。

「6秒間の軌跡」はのぞきネタをやめてほしい。不快。

2023.1.31

普段、テレビの入力はFireTVStickが差し込んである、入力2に合わせているから、テレビの電源を入れたら配信のアプリが並んだ画面が映る。時々押すつもりはないのに、誤ってリモコンの地上波の番号を押してしまって、すぐ入力切替する時もあれば、めんどくさくて次テレビつけたときでいいやとそもまま電源を切る時もある。昨日の夜、寝る直前にそれをして、めんどくさいからそのまま電源を切った。今朝起きて電源入れたら、地上波の情報番組が映って、天気予報だからそのまま流していたら、天気予報が終わって占いに切り替わった。私の星座ビリだった。

日曜の夜にぐるぐるに襲われた理由は分かってる。産休・育休中のリスキリングの話題。散々言われているけど、産休・育休は休暇じゃない。休んでるわけじゃなくて、子どもを育ててるんだよ。これ以上新生児の子育て中の親を、特に母親を追い詰めるような政策を出してくるな。ただ、できる人は出来るんだよね。様々な諸条件が揃えば。なので、そういう意欲のある人でできる人はどんどんやったらいいと思う。僻み根性だからさ、恥ずかしいんだけどさ、応援してもらえていいなとは正直思った。もちろん、できる環境でできる人に対してね。いや、羨ましがっても仕方ないのは分かってるんだけど。こういうときに、今専門職の、例えば学芸員とか司書とか介護職とかの待遇の悪さや雇用の不安定さが問題視されていることに注目して、現行専門職や資格持ちに対して給与が低いことを改善すべきだって言っている人もいて、自分のことばかり考えている自分が恥ずかしい。そうだよね、専門職が安く買いたたかれている現状で、リスキリングしてもキャリアにつながるのかなって思うよねと思っていたら、これ、社員にリスキリングさせた企業に補助金という話らしい。また中抜きの制度じゃん。本気でリスキリングさせたかったら、個人にお金を出さないと。大学や専門学校の学費、資格試験の試験料、資格登録費とかを負担するとか。企業に課すなら、リスキリングのための休暇制度を設けるとか、時短勤務とか、どこかの企業は、本業の何割かを副業とか勉強に充てていいという制度を導入していると新聞で読んだことあるし、そういうのだよね。逃げで大学院を考えていた身としては、勉強し直したい気持ちもあるけど、私の興味のあるものは仕事の役に立たないからな。お金にならない。キャリアの話になると落ち込むし、僻みっぽくなるし、だめだ。キャリアは諦めた方がいい。40過ぎてから築ける人もいると思うけど、それは超人だからね、私は超人じゃないから無理。無理なら無理で諦めたらいいのに、それもできない。いや、諦めてはいる。ただ、それが認められなくてうじうじしているだけなのかも。ああやだやだ。仕事はお金のためと割り切る。だいたい、給料が上がらないのは働いてる方の能力の問題じゃないくて、政治と企業の問題だし。物価も税金も上がって手取りが減っているのは政治のせいだし。そうだ、これを忘れてはいけない。

お茶汲みを女性社員だけがやらされるって新聞の投稿に、各人のお茶の好みを把握して出したら、仕事として評価されて出世するみたいなの書いている人いたけど、ない。それが仕事として評価されるなら、とっくに男性の仕事になっているはず。

4月のGW前までに友達誘ってご飯行って、旅行にも行ってと考えると、本当に慌ただしい。2月は病院、オンラインの集まり、親との買い物があって、週末が埋まり気味。今の髪型キープするなら、2月末にはカットにも行きたいところ。予定で埋まると考えただけで焦ってきた。一旦関g萎えるのをやめよう。

「メタモルフォーゼの縁側」すごいよかった。17歳のうららと、75歳の雪さんが、BLを通して仲良くなる。孫と祖母くらい年齢差がある2人だけど、孫と祖母の関係にならず、ちゃんと友達の関係として書かれているのがよかった。この監督は信頼できる。名前覚えとこ。

2023.1.30

先々週買った、カルディのインスタント大麦ラテが美味しくて、買いだめしておこうとネット見たら、売り切れ。買った店は、店舗が入っている商業施設に仕事で行く機会があって、たまたまカルディの前を通った時に目に入って買ったので、家からだと車がないと行けないし、定期的に仕事で行くとこでもない。街中出ないとないかなと店舗検索してみたら、2つ隣の駅前にあった。歩いていこうと思えば行ける場所なんだけど、本の返却と受取、DVDの返却と他の用事もあったので、地下鉄乗り放題のチケット買うことにした。DVDの返却期限は月曜日だったんだけど、仕事帰りに寄るのがめんどくさいし、見終わったので返しに行くことに。もし、モガデシュがあったら借りようと思ったんだけど、なかった。文学界は結局新連載の小説を読まずに返す。次の号も予約してたんだけど、他に借りたい本があったから予約を取り消して、そのまま。継続して借りようと思ったけど、早々に断念か。カルディで大麦ラテ3つ購入。お店の人に聞いてみたら、季節限定商品だから在庫がなくなったら終わりで、また販売するかは分かんないんだって。ノンカフェインの飲み物探してて、冬も冷たい麦茶を常温にして飲んでるんだけど、温かいのが飲みたいときに、黒豆茶が好きで常備しているんだけど、ラテ系がほしいなと思っていたので、大麦ラテに出会えて助かっている。ネットで、似たようなの探したら、牛乳か豆乳をまぜて作るのはあったんだけど、お湯でまぜるのがいいので却下。牛乳も豆乳も常備していないし、土日は飲むけど、平日は飲むか飲まないか分からないから、買っておいてもダメにしてしまうことがあるし、温めた鍋を洗うのが面倒。お湯なら蛇口ひねれば水が出て、温めても鍋を洗う必要なし。なので、この大麦ラテは理想的。また販売してほしい。カルディの入っている商業施設は、はじめて来たところ。本屋も入っている。結構広いんだけど、空の本棚もあって、お客さんもあんまりいないのでがらーんとしてる。奥の方に古本の棚もあって、学生時代によく立ち読みをしていた本屋に雰囲気が似ていた懐かしい思いになった。明日で1月が終わるけど、目標である、月に1回は新しいことをする、または新しいお店に入るは、達成。この本屋と、1月の初めに新しいカフェに入ったから、2つもしている。よし。ブックカフェ2軒見つけたから行きたいんだけど、暖かくなってからにしようかな。5月8日からコロナを5類にするって、もう決定なの?だめに決まってる。職場で陽性になった人も、症状が人によって様々で、無症状の人も多いんだよ。同居家族が陽性になって、自分は無症状だけど検査したら陽性って人もいた。5類にして待機期間もなくなったら、無症状の人が出勤して、感染が広がる。次の波が恐ろしい。GWは人出も多そうだから、友達誘うのは4月までにしようかな。旅行も4月までに行くとすると、結構慌ただしい。

「いらねえけどありがとう」読み終わった。「家がいつもぐちゃぐちゃでいつも余裕がないあなたでも片づく方法」と併せて読みたい。私も思っていたように、双子の息子いて、大型犬飼ってて、義理の両親の介護をして、翻訳と執筆の仕事して、時間管理どうしてるんだろうって、多くの人に聞かれるみたい。村井さんがやっている方法が具体的に載っていて、人それぞれ性格があるから全部を参考にはできないけど、これはいいなとか思うのがある。私が取り入れようかなと思ったのは、冷蔵庫に重曹スプレーを入れておくこと。近くにキッチンペーパーを置いておけば、気が付いたときにさっと拭ける。これはいい。村井さんはぞうきんが嫌いで、ぞうきんをなくして、全てキッチンペーパーかウェットティッシュに代えたんだって。これは、私も一緒。多少お金はかかるけど、ぞうきんに悩まされるよりまし。「家がいつも」でも書いてあったように、世間一般でこれといわれるやり方よりも、自分に合うやり方を見つけるのが一番いい。2冊とも、それの参考になるし、何より多少できないことがあっても、心が軽くなるんだよ。これ、大事よね。土日でもりもり本を読む予定が、日曜日2時間近く昼寝をしてしまって、思うように読めなかった。そんなに寝たのに、日曜の夜は10時前にぐるぐるに襲われて本が読めなくなって、心を落ち着けるために「探偵ロマンス」を15分位見て、布団に入ったら、すぐ寝れた。ぐるぐるに襲われてまた眠れなかったどうしようと思ったけど、寝れてよかった。

渋川さん出ているので3話だけでもと思って見た「リバーサルオーケストラ」、よかった。初音が初めてコンマスとして舞台に上がることに、緊張している時に、オケのみんなが優しいのよ。優しい世界はいい。渋川さん演じる藤谷が久々にオケに戻ることになった時、前にS響で一緒だった穂刈さんがオケの皆に藤谷のことを紹介するシーンもよかった。穂刈さん優しい。優しい世界はいい。前回は蒼が初音の家に居候するのはどうなんだろうと思ったんだけど、奏奈が自分のせいで初音が舞台を降りたことをずーっと引きずっていて、お姉ちゃんが舞台に戻るのに協力できることはするってスタンスなのが分かったので、奏奈の選択として納得できた。藤谷がオケから離れていた理由は書かれてないし、戻ってきた理由も私はよくわかんないんだけど、その辺り書く、藤谷パートあるかな?

ツイッターで映画やドラマの感想をよく参考にしている人が、今クール見ているドラマに「インフォーマ」というドラマを上げていて、全然チェックしてなかったと慌てて調べたら、Tverで1,2話が見れた。ありがたい。森田剛をこの役にキャスティングしてくれた人にもありがとう。録画しようとしたら、住んでいる地域での放送がなかった。ありがたいTver。「インフォーマ」追加したことだし、「女神の教室」は視聴をやめた。

2023.1.27

「リバーサルオーケストラ」はどうしようかなと思ってみてなかったんだけど、渋川さんが出てると知って、見る。渋川さんが連ドラ出るの珍しくない?

近所で工事があるみたいで、連絡のチラシが入っていた。工事範囲を示した地図をぼーっと見てたら、近くにカフェ発見。一昨年くらいまでは近所を色々散歩してたけど、最近は散歩コースを固定しているから、こういう発見がないんだよね。どんなカフェだろと調べたら、ドッグカフェだった。犬というか動物は苦手なので却下。苦手じゃなくても、ドッグカフェとかの形態は動物にとってストレスになると聞いたことがあるから、賛成できない。子どもの頃から動物が苦手で、動物園や水族館はあんまり好きじゃなかった。加えて水族館はあの水槽が割れたらどうしようという妄想にも襲われてた。泳げないから怖いんだよ。

また1冊回送中になっている。今日2冊取りに行って、週末に2冊か。去年、職場の近くに図書館の分館あるの分かって、調べてみたら市内に住んでなくても、職場がなくても誰でも借りられるみたいだから、貸し出しカード作ったんだよね。職場は隣の市で、住んでるとこより人口が少ないからか、予約の人数が全然違う。去年借りた「タラント」は、100人超えてたんだけど、隣の市だと8人だった。「タラント」は2冊あったので、早く借りられた。蔵書数も全然違って、翻訳小説やノンフィクションはあまりないけど、日本の小説は結構あるから、市内と市外で調節しながら借りてる。おかげで、日本の小説多く読めている。そして、おかげで本に追われている。市内だと予約入ってる本も、市外だとすぐ借りられるので、予約の本を受け取りに行くのに合わせて届くように予約したり、カウンターで直接借りている。だから追われてるんだけど、今回も市外の2冊の内1冊はこうやって借りたやつ。まあ、この1冊は2週間で返さなくてもいいから、ゆっくり読もう。

新作110円クーポン来た。ありがたいけど、本に追われそうだから、複雑。4本くらいに抑えようかな。そのぐらいなら大丈夫な気がする。あんまり多いと、本にもDVDにも追われているような気になって焦っちゃうんだよね。

図書館の本で手一杯なのに、「ボーイズクラブの掟」に手を出してしまったので、文学界が読み切れてない。小説の連載が始まっていて、定期購読は出来ないけど続けて借りようと思っていたから新連載も読むつもりだったんだけど、まだ読めてない。なにしてんだか。でも、1ヶ月後まで内容覚えてられるかな。昔は月刊誌の漫画読んでたけど、覚えてられてたのかな。忘れてて前の号を読み返してた記憶はないんだよね。子どもの頃の方が記憶力がよかったのかな。あ、でも読むものないから繰り返しその号を読んでたかもしれない。今みたいにネットで無料で読めるとかなかったからね。

生きてるだけでいいと思えないと何回も書いてきたけど、仕事帰ってきて寒い部屋で、コート着たまま鍋作って、しばらく経っても暖まらない中ストーブの前でご飯食べてたら、これだけ寒いのにちゃんと生活してて偉いと思った。生きてるだけいい。寒いから無理しちゃだめ。普段雪が降らない地方は、大変なことになっているようで、皆さんこの寒波の中では、生きているだけでいいですよ。人間はこんな寒い中で生活できるようには作られてないんじゃないの。

2023.1.26

昨日、10時からのドラマが始まるまで15分位あったから、本を読んでいたんだけど、読みづらい。進まない。なんか目が疲れてて、心なしか右目が痛い気もしてきて、鏡見たら充血していた。もう寒いし寝てしまおうと、寝た。朝起きたら充血は治っていたし、目の痛みもない。よかった。目を大切にしよう。

週末、図書館の本が3冊届く。1冊は村井理子さんのエッセー。村井さんの文章は読みやすいので、そんなに時間かからないかな。村井さんまた新刊出てるけど、仕事量すごいよね。去年読んでよかった「家がいつもぐちゃぐちゃでいつも余裕のないあなたでも片づく方法」も村井さん訳。双子のお子さんいる上に、義理の両親の介護もしてるんだよ。その介護の様子を書いたWEB連載は村井さんの文章が軽妙で笑いながら読んじゃうんだけど、これが自分の身にも降りかかってくると思うと辛い。でも深刻に書かれると読めないから、軽妙さがありがたい。年始にブックオフで訳書の「人間お休みしてヤギになってみた結果」を買ったので、こっちも楽しみ。この本は図書館で順番待ちなしで借りられるんだけど、予約枠に入れられない。空いてもすぐ読みたい本を予約してしまうから。歩いていける距離の図書館にあってくれたらいいんだけど、なくて、わざわざ地下鉄やらバスやら乗り継いで借りに行くのもね、めんどくさい。本を買う基準が、まず、図書館にあるかどうか。次に図書館にあった場合の予約人数。経験上、人数-2がかかる月数。だいたいね。だから、14人待っていたら、12ヶ月後、つまり1年後。予約するとしたら、15人くらいまでかな。これ以上の予約数で、どうしても読みたかったら買う。そうでもないのは諦めるか、数年後に覚えてたら読む。枠を埋めたくないので予約はしない。ただ、値段が高いのは買えないので予約する。文庫本になって本屋に並ぶと、これ読みたかったやつって思い出すんだよね。ハードカバーは重くて読みにくいから、文庫が好きなんだけど、文庫化されるかどうかも、今は厳しいらしい。最初から文庫で出してほしいんだけど、しないってことは、文庫だと採算取れないのかな。翻訳ものは図書館に入ってないものも多いので、買うことが多い。ただ、最近文庫でも2000円近くて、事情は分かるけど、気軽に手を出せない。ブックオフで探すことも多い。今年の年始のセールでも買ったのは翻訳ものが多かった。最近読み終わった「メイドの秘密とホテルの死体」「ボーイズクラブの掟」がそれ。ハードカバーやソフトカバーのだと3000円超すのもあるし、ブックオフでもほとんど見ないので、図書館になければ、本屋で眺めて終わり。本くらい気軽に買わせてほしい。新書や人文系の本は特別話題になったり人気のある作家でなければ、それほど予約がないので、借りることが多いんだけど、予約してても、読みたい小説の予約が始まったら、新書の予約をキャンセルして小説の予約を入れてしまうので、なかなか読めない。ノンフィクションは話題になってから予約するので、順番回ってくる前に上記の理由でキャンセルすることも多い。文芸誌はもう買わないで、図書館で借りることにした。雑誌は立ち読みか図書館で借りて、手元に置いておきたいのは買う。

1月29日に、文化系ラジオLifeのオンラインイベントがある。「2022年のおすすめ本」だって。見たい。が、この日は「こじらせナイト」のイベントもあるんだよね。両方アーカイブがあるから、時間被ってても問題はないんだけど、問題はお金なわけよ。前より渋くなってる。仕方ないけど。「こじらせナイト」の方は、全部ではないけどTvreで見れたはずだから、それでもいいかな。おすすめ本は気になる。予告を聞いたら、読みたい本が増えますよって言ってて、これ以上増えても追いつけないけど、読みたいと思った本はスマホに残しておくから、すぐには読めなくても、何かのきっかけで思い出して読めるかもしれない。なあんにも知らなかったら、きっかけがあっても読むことなくて素通りしてしまうけど、スマホに残しておけば、いつかは出会えるかもしれない。

今日はせんべい2枚でとどまった。明日行ったら休み。図書館に本を受け取りに行く。新作110円のクーポンが届いたら、借りに行く。月末に届いていたような気がするので、ちょっと予定しておく。先週、先々週とモーニングに行けてない。レンタル店はパン屋に近いので、行ってもいいな。土日何しようか考えながら書いてたら、明日もう休みのような気になってきて、違った明日は金曜日だと気が付き損した気分になっている。嫌だ仕事に行きたくない。会社にいるときだけ時間が早送りになればいいのに。その分家にいる時間が延びて、1日の終わりに帳尻合えば丁度いいと思う。何が言いたいかというと、仕事に行きたくない、休みたい。