2021.12.6

また新作110円のクーポンがもらえたので、借りてきた。映画館に全然行っていなかったので見たい作品が多すぎて選ぶの大変だった。

「ローズメイカー 奇跡のバラ」

亡き父から受け継いだバラ園を経営するエヴ。新種のバラを生み出す才能はあるが、最近は大手企業に顧客を奪われバラ園は倒産寸前。人を雇う余裕がないため、社会復帰という名目で安く雇い入れたのは素人3人。簡単なあらすじ知って、素人が才能を発揮してバラ園を救う話だろうなと思っていたら、才能は発揮するんだけど、そっちの方向という驚き。まあ、ちゃんと別の才能も見出されるんだけど。カトリーヌ・フロ演じるエヴが、圧倒的な才能があるけど、バラと自分のことしか考えてない自己中心的な性格で、ワンマン経営者。いざとなったら、従業員よりもバラ園を守ろうとする。こういう男性経営者の役は珍しくないけど、中年女性がこいういキャラ付けってあまりないからいいね。

「返校 言葉が消えた日」

1962年、台湾。独裁政権下で思想や言論の自由が弾圧されていた時代、高校生のウェイは、先生や生徒と読書会を行い、秘密で取り締まり対象となっている本の書き写しを行っていた。そのことを偶然知ってしまったファン。ある日、放課後の教室で眠ってしまったファンが目を覚ますと、誰もいない校内は荒れ果て、居合わせたウェイと学校を出ようとするが、出られない。校内をさまよううち、2人は読書会のメンバーが当局に捕まった事実を知る。果たして密告したのは誰か。ゲームが原作のホラー映画。ホラーは明るいうちに見たいから、日曜の午前中に見た。独裁政権下での悲劇を書いて、その中で高校生や先生がどう生きようとしたのかが書かれている。同時に密告者は誰かというミステリーの要素と、高校生の青春ものでもあった。

「ブラックバード 家族が家族であるうちに」

安楽死を決意したリリーの元に、最後の週末を過ごすため、娘たちが帰ってくる。長女のジェニファーは母の決断を受け入れてはいるが、不安を抱えいら立ちを隠せない。次女のアナは受け入れることができず、警察に連絡をしようと考えている。共に過ごすうち、それぞれが抱えた秘密が明かされていき、ジェニファーとアナの心が揺れ動く。同じ題材を扱った「92歳のパリジェンヌ」とどうしても比べてしまう。個人的には「92歳」の方が好き。ジェニファーは表面上は受け入れているけど、本当はどうしていいか分からなくて、反対だと言う理由を探すために、あの秘密を暴こうとしたのかなと思った。でも、あれだけごたごたした後に、すんなりじゃあそうしましょうってなれるものなのかな。もうちょっと丁寧に書いてほしかった。

2021.11.3

「瑯琊榜」おもしろい。1話45分位で全50話。大河ドラマだね。主人公の梅長蘇が正義感が強く、曲がったことが大嫌いみたいなキャラじゃないのがいい。目的のためなら手段を選ばないとまではいかないけど、人を利用したり、裏から手を回したり、用意周到なところがいい。曲がったことが大嫌いは靖王が担っていて、こういう人が主人公で梅長蘇みたいな参謀はわき役ってイメージが強かったけど、参謀が主役の方が面白いと思う。こういう性格だから靖王は梅長蘇が信頼できないんだけど、ここからどういう関係に発展していくのかも気になる。

哲学のテキストで復習しているときに、「○○という概念である。」と書こうとして、「概念になりたい。」と書いてしまった。「概念」という単語を目にして、「概念になりたいな」と思ったら、そのまま書いてしまった。概念になりたい。概念になったらお金必要ないから働かなくていい。概念にならなくてもいいから働きたくない。

近所のレンタルショップから漫画5冊までレンタル無料のクーポンをもらった。借りる気で見に行ったけど、何を借りていいか分からないので結局借りずに帰ってきてしまった。学生の頃は漫画ばっかり読んでて、働いてからは活字の本の方が多くなった。久しぶりに読んだら、漫画が前のようにすらすら読めなくなった。次のコマ横?下?と迷ったり、セリフ読んでから絵を見ればいいのか、それとも逆かとか、前なら考えるまでもなく読めていたのが読めなくなって、驚いた。電子書籍で読めるようになったことと、漫画喫茶に行くようになったことで、また前のように読めるようになった。漫画は電子書籍で読むのが向いているように思う。読まなくなった理由のひとつに、本棚に収まりきらないから買わないということがあって、漫画は冊数が多くなるから場所を取る。電子書籍なら場所の心配がない。購入を考えているんだけど、何を買っていいか分からない。今アマプラ無料期間だからスマホキンドルで読んでいる。だからキンドルタブレット買おうかなと思ったんだけど、決めきれなくて買っていない。図書館でも電子書籍の貸し出しやっているから、対応機種調べてみよう。課題の本がなんと読めそうな見通しが立ってきた。しかし、面白くない。そして、また図書館から本が届く。自分が予約したんだから仕方ないんだけど、追い立てられている気持になる。

2021.12.2

眠れない夜には、眠ることを諦めて、気分転換をした方がいい。それは分かっている。問題は、ストーブだ。冬は寒い。ストーブをつけて、温まるまで布団の中で待つ。そのうちに寝てしまう。暑くて起きる。ストーブを消して横になるけど、今度は眠れない。ということがあった。

「恋愛ワードを入力してください」見終わった。倫理綱領を読み上げるというだけの行為に、感動したんだよ。彼女たちの仕事に対する使命感とか決意とか、そういうものが詰まったシーンだった。協力するのも、助けてくれるのも、支配するのも、対立するのも、全部女同士というのがよかった。韓国映画やドラマは、あれだけ濃密な男同士の関係を描けるのだから、それを女同士でもできるはず。このドラマもよかったけど、もっとできるはず。やってほしい。タミの恋愛パートはいらないと思っていたけど、パク・モゴンと別れるかもしれないとなっても、タミが自分は結婚しないという気持ちを貫き通したのがよかった。38歳という年齢も効いている。私は38歳からが中年だと思っているので、タミがもう少し若い設定だったら、結婚という選択肢がテーブルの上に乗ったかもしれないと思う。しかし、不満もある。ガギョンは同性愛者だと思っていたよ。違ったのかな。あとは、ガギョンがユニコーンで告発文を掲載するかどうかの部分は、もう少し書き込んでほしかった。

続いて、中国ドラマ「瑯琊榜」を見始めた。主人公が金城武に似ているなあと何気なく検索したら、「鵞鳥湖の夜」の人だった。全然雰囲気が違う。

眠れぬ夜はボタン付けがいいかな。針仕事はいいけど、出来上がったものどうしていいか分からないから刺繍とかは向かない。編み物も同じ理由でダメ。前にスヌードほしくて、やったことあるけど、出来上がったもの見て、これなら買った方が安いし、きれいだなと思ってやめた。ボタン付けとか裾上げとか、繕い物なら実用的でいいかもしれないと思った。

2021.12.1

食欲が落ちないな。食べ過ぎても前ならまあ、数日で落ち着くしと思って食べてたけど、数日で落ち着かない。ストレスか。だよねースイートポテトには近づかないように、最近はパン屋に行っていない。行くとついつい買ってしまう。でも、もう12月だし終わっちゃったかな。12月はなるべく外出しないようにしよう。病院が1個入ってるくらいかな、予定あるの。あ、ヴェノム。12月3日からか。年明けかな。1作目が、予告見た印象では怖そう、グロそうと思っていたんだけど、実際見たら、エディとヴェノムのバディ感がとてもよかった。全然怖くなかったし。こないだ「エターナルズ」見に行ったとき、予告で「劇場のみの公開」って出て、そうか、これが宣伝になるのかと思った。ネットフリックスとか配信が製作だと劇場公開と同時配信とか、少しずらして配信とかあるし、ディズニーもそうだしね。ディズニーだと配信早いんだよね。「最後の決闘裁判」も今日から配信でしょ。ディズニー+入ろうかな。アマプラの無料体験終わってから考えようと思ってたんだけど、今無料だしもう一つ入ってもいいかなと思ったり、でも、入れば入っただけ見てしまうんだよね。1月からは新しい地上波のドラマはじまるし、大河は三谷大河だし、今の大河ちょっと飽きてきたなー先週分もまだ見ていないし。10月入ったくらいから、つまんなくなってきた。もうすぐ最終回だけど見なくなりそう。連ドラは録画貯めたら、自分の中で飽きている証拠。特に朝ドラと大河は貯めたら見るのが大変になってくるから、めんどくささも手伝って見なくなっちゃうんだよね。閑話休題。ディズニー+をどうするかだよ。MCUのドラマ見たいけど、一番盛り上がっていた時の気持ちに届かない中で見るのもな、でも、気持ちが盛り返すの待ってても、盛り返すかわかんないし。そういえば、ヴェノムの1作目見た後、友達とカウンターでお酒飲みながら映画の話して楽しかったなと言いたいところなんだけど、カウンターに一人で座っていた男性が話しかけてきて邪魔だった。こっちに入ってくんな。

蒸籠買おうかな。そしたら、冷凍肉まん買っておけば、好きな時に食べられる。実家にいたときは蒸籠使ってたんだよね。肉とか魚も野菜と一緒に蒸したら立派なおかずだよね。鍋と蒸籠の二本立てでいくかな。なにより肉まん食べられるし。「眠れぬ夜にはケーキを焼いて」という漫画を読んだ。タイトル通り、眠れない夜とか、真夜中に目が覚めてしまったとき、パウンドケーキやマフィンを焼く。やっぱり眠れぬ夜にできることがあるのはいい。手を動かして余計なことを考えないようにする。出来上がりが美味しそう。でも太りたくないな。しかも、引っ越してからケーキ焼いたことないから、材料や道具を1からそろえるのも億劫。料理もしないからバターもない。小麦粉もない。砂糖もない。眠れぬ夜に何をしよう。

2021.11.30

週末買い物行ったとき、スーツケースとか旅行用品売っている店の前通ったら、スーツケースに目が行って、ああ、旅行に行きたいと思った。放送大学の授業で見てたVTRに旅行で行った先が映って、ここに行ったと興奮していたら、授業を聞き逃していた。巻き戻して聞き直した。旅行に行きたい。変異株、これまでのウイルスの悪いところどりらしい。勘弁して。コロナで自分の仕事はほとんど変わらなかった。リモートワークなんて検討すらしない職場だから、働き方が変わると言われても全然ぴんとこない。こうしてぴんとこないまま、取り残されるんだろうな。在宅で仕事ができればと思ってプログラミングやってみたけど、挫折。スキルもキャリアもない、とりたててやりたいこともない中年女は、どうしていくか考えないと。

最近母親と話していて、15年位前に亡くなった大叔母が、昔タイピストだったことを知った。職業婦人ってやつ?昔のタイピストって、当時の女性の花形職業みたいなイメージがあるんだけど、すごいな。しかもバイクで通勤していたらしい。かっこいい。確かに親戚の中でも大叔母は目立っていたし、一目置かれていたんだよね。あと、おしゃれだった。今になって、話を聞いておけばよかったなと思う。小学校の時は毎年関東に住む大叔母のところに遊びに行っていたけど、その頃は大叔母の若いころになんて興味なかった。興味出るころにはもう亡くなっている。

絶望名言は荻原朔太郎。途中で寝てしまってあんまり覚えていない。紹介者の頭木さんが、6人部屋に入院している時、ドストエフスキーを読んでいたら、他の入院患者も読むようになって、6人部屋の全員がドストエフスキーを読んでいたらしい。そこに入ってきた看護師がびっくりしたって。それは、びっくりすると思う。頭木さん曰く、辛い時にドストエフスキーはいいらしい。カラマーゾフと白痴を途中まで読んだことある。罪と罰は最後まで読んだ。また読んでみようかな。確か、青空文庫で読めるよね。青空文庫といえばモンテニュー全然読んでいないや。「同志少女よ、敵を撃て」って小説おもしろそう。ネットで評判がいい。図書館で予約できたんだけど、まだ貸し出しは始まってないし、10番目だから来年の春位かな。結構先だな。年末年始に読む本なかったら買おうかな。「鏡の背面」は単行本なら図書館ですぐ借りられるんだけど、文庫本の方が好きなんだよね。単行本は重いし、でかいし、固い。ソフトカバーは好き。ゴッホの手紙全然読めずに返してしまった。

2021.11.29

「恋愛ワードを入力してください」のブライアンの帰還はかっこよかった。で、ブライアンの後ろにはタミとスカーレットがいるけど、同時に代表に就いたガギョンには誰もいないんだよね。ガギョンが声掛けるのが自分の追い出したナ元代表で、一緒に頑張ってほしいでも助けてほしいでもなく、従えというやり方で、会長とおんなじことしてる。バロがブログのサービスを閉鎖することなり、ブログ部門のリーダーがスカーレットのところに来て、あんなに頑張って作り上げたのに、悲しくないのかと聞いてくる。ブログサービス立ち上げ時のメンバーだったスカーレットは、確かに頑張ったけど、それで体を壊した、いいことだけじゃなかったという。残業して、家でも仕事して、夜中でも呼び出しがあれば会社に駆け付ける生活。当時のスカーレットはおしゃれをする余裕もない。これをあの頃は大変だったけど頑張ったという美談にしないところがよかった。さすがスカーレット。

週末ようやく美容室に行ってきた。前日に美容室から電話がかかってきて、珍しいなと思って出たら、担当がけがをして明日出られないので、他の人でもいいか、改めて予約をとってもらうか、どちらかと言われた。実は行くのめんどくさくなっていたから先延ばしにしようかと一瞬頭をよぎったけど、いい加減行かないとまずい状態なので、別の人にお願いした。美容室行く前、気になっていたネックレスを見に行ったら、売り切れていて、店員さんに似たのすすめられた。それもいいなと思ったけど、決められずに店を出た。後でやっぱり、すすめられたのもよかったかもしれないと思い、ネットで確認してみたら、ネットだと30%オフになっていた。ラッキーと思って注文した。

まだ月曜日とか、1週間長すぎる。月曜は朝から憂鬱。今週の水曜はもう12月。1年あっという間。年末年始は土日と被ってるから5連休。足りない。しかも12月祝日ないし。「ブルシットジョブ」読まないとな。この本はケアに行きつく。他に興味ある本もケアについて書かれているもの。こないだ何かのラジオの特集でもケアについて話していた。今読んでいる課題の本、抽象的で何を書いているのか分からない。半分まで読んだけど、やめようかな。でも、このひとつ前に読んでいた課題の本もおんなじ理由でやめたんだよね。おまけに時系列もぐちゃぐちゃで全然話が追えなかった。おもしろくないんだもん。課題の本だから、おもしろいかおもしろくないかで読むもんじゃないのかもしれないけど。働きながら勉強するって大変だね。時間と体力が両方ない。授業を通して興味は広がっても、そっちまで手を拡げられる余裕がない。配信やめて図書館から本借りなきゃいいんだけど、でも、これらが人生からなくなったら、無理。

「オーバーザサン」は中年女性の性欲の話。今まで語られてこなかったから、とてもいいことだと思いながら聞いていた。「大人なラジオ女子会」が2週連続でなくて、次週はあるみたい。変則的なのかな。さあ、絶望名言を聞こう。

2021.11.27

「大コメ騒動」を見た。ネタバレあり。大正七年、富山で起こった主婦たちによる米騒動。シベリア出兵を控え、兵隊たちの米を確保するためコメの価格が上昇。漁業を生業とする、主人公いとが住む村では、漁業ができない季節には漁師である男たちが出稼ぎに行く。その間も家のことをして仕事もして子供たちを食べさせていくのは女の仕事だ。実際にはその間だけじゃないけど、ずっとだけど。重たい米俵を海まで運び、1日の給料は22銭。それで家族を食べさせられるだけの米が買えていたのに、米の値段は日々上がっていく。どこに訴えても話を聞いてくれないため、女たちは積み出しを阻止すべく、行動する。

女たち、みんな疲れている。仕事して家のことやって子ども食べさせて、とにかく疲れている。全員不愛想なのがいい。疲れているのにいきいきにこにこしていられるか。いとは、字が読める。子どもの頃から勉強ができて、女学校に行くと周りから思われていたけど、17で嫁に行かされた。夫は字なんか読めても意味がないというし、周りの女たちも頭がよくても食べていけないとからかう。でも、いとが字を読めるお陰で、新聞からシベリア出兵が近いから米の価格が上がっていること、それはさらに上がること、だから今手を打たないといけないということが分かる。女たちを率いるのは清んさのおばばだ。おばばが来ると聞けば、女たちは何をおいても駆けつける。おばばは女を泣かす亭主を許さない。お祝いには鯛を持って駆け付けてくれる。精神的支えのおばば。警察もそれをわかっていて、おばばを逮捕する。求心力を失った女たちの集団は勢いを失くしていく。そんな中悲しい事件が起こる。夫を海で亡くし、娘のみつと二人暮らしのタエ。タエの家は貧しく、みつも満足に食べることができない。みつは商店の蔵に米を盗みに入るが、積んでいた米俵が崩れ、その下敷きになり亡くなってしまう。勉強がよくできたみつ。たくさん勉強して、沈まない船を造る。漁師になって沢山稼いでお母ちゃんにお腹いっぱい食べさせてやるんだと言うみつに、地元の有力者の黒田は、漁師なんて尊敬されない、みつちゃんはきれいだからもう少し大きくなったら稼ぐ方法があると言う。くっそー。いとは米商店のおかみから騒動から手を引いたら米を安く売ってやると言われ、その話に乗ってしまう。それが知れるところとなり周りの女たちはいとの話を聞かない。しばらくして、おばばが釈放される。塀の中でハンストし、弱り切ったおばばの姿を目にした女たちは再び団結し、積み出しを阻止すべく、海に向かう。これが成功し、政府は米の価格を抑えるようにして、配給もすることになる。最初の積み出し阻止は失敗したけれど、そのことが新聞に載り、同じように米の価格高騰に苦しんでいた他の県にも運動が波及していく。調べてみたら沢山の地域で実施され、炭鉱とかにまで飛び火している。

徹頭徹尾女だけで展開する話だった。男が出ると暴動が起こる、女が出ても何も変わらないと言って、男は行動を起こさない。男は女に甘えている。富山の女たちは強いなんて感心して言う。強くなんてありませんと女は言い返す。家族を食べさせていくため、強くなるしかなかったんですと。不満を言えば、夏木マリの活躍の場面を作ってほしかった。おばばとタキは実は幼馴染で子どもの頃は仲が良かったが、何かがあって仲たがい。それ以来タキはおばばのやることに文句を言っていたが、釈放されたおばばの姿を見て立ちあがるみたいな。安易だな。まあ、素人に考え付くのはこんなもんだよ。本木監督は富山出身。しかも「超高速!参勤交代」も監督している。「殿、利息でござる」とか「武士の家計簿」とか、コメディ時代劇好き。こういうのもっと作ってほしい。